アラサーで人生初めての振袖を着ました。

投稿者: | 2017年3月23日

私は今までの人生で、一度も振袖を着た事がありませんでした。

成人式の時は、学校に通うために地元から離れ、他県に住んでいたからです。

特別、振袖を着て成人式に出るのに、憧れがあった訳でも無かったですし。ですが、振袖を着ている人達を見るのは、きらびやかで好きでした。

アラサーになってしまったし、未婚だけど、もう振袖を着る機会はないのかも。

そう思っていましたが、とうとう着る事のできる最後のタイミングがやってきました。

それは兄弟の結婚式での着用でした。一般的なドレスでも良かったのですが、着物類のレンタルがある式場でしたので、思い切って振袖を着る事にしたのです。

初めての着付けは、驚く事ばかりでした。着物を着るのがこんなに大変だとは、思いもしませんでした。

専用の下着を付け、着物の型崩れを防ぐために、両肩に厚手の綿を置いて着付けが始まりました。

何重にも着物を重ね、帯紐できつく締め上げられるのは苦しかったです。着付け時間は長くかかりました。

最後に、後ろの帯を締めてもらって完了したのですが、私はこの時点でかなり疲れてしまいました。

着付け後の振袖は、とてもキレイで本当に着て良かったと思いましたが、ハンパなく重かったのです。

動きづらく、下駄を履いて歩くのも一苦労でした。トイレに行くのも大変でした。

とはいえ、何とか無事に結婚式を振袖で過ごせました。この機会がなければ着る事も一生なかったはずです。

結果的にとても良い経験になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です